スクラップブッキングして、アルバムをよりオシャレに。

スクラップブッキングとは

アナログの写真、ただ、アルバムに貼っているという人も多いのではないでしょうか?より写真を楽しみたい、思い出を残したいと思うなら、スクラップブッキングにしてみるのがおすすめです。スクラップブッキングは、1980年代にアメリカで誕生したクラフトの1つです。台紙にカラフルなぺーパーやイラスト、手書きの文字などを装飾して写真を飾っていきます。日本でも2000年代に入ってきたスクラップブッキングは、オリジナリティがあり、とにかく可愛く写真を残せることからじわじわと人気が広まっているようです。今、写真を撮ってもデータで残したままという人が大半です。お子さんの成長や、家族の記念となる写真を残す方法としてスクラップブッキングはおすすめと言えます。

道具や素材集めも楽しい

スクラップブッキングは作る楽しさもありますが、使う道具を集める楽しさもあります。ただ、一から道具を集めるのは面倒と感じる人もいるかもしれません。スクラップブッキングをより手軽に楽しめるよう、様々なアイテムが1つになったキットも販売されています。ペーパーなどの内容もウェディングやバースデイ・トラベルなど写真に合わせて選べるようになっており、センスが無いという人でも気軽にスクラップブッキングにチャレンジすることが可能です。またインターネット上にはスクラップブッキングの、無料テンプレート素材をダウンロードできるサイトもあるようです。テンプレート素材を使えば、貼ったり切ったりする作業が無いのでより気軽に作れるでしょう。