アナログな写真の残し方

昔ながらのアルバムに写真を貼り付けていく方法は、写真を整理する手間と保存に場所を取るのが大変です。けれど、時間と共に少し古ぼけてきたアルバムをめくるのは、それはそれで味わいがあります。ここでは、アナログな写真の残し方についての情報をお伝えしたいと思います。紙媒体で写真を残したい方は参考にしてみてくださいね。

サイズも台紙もいろいろ。アルバムの選び方。

アルバムのサイズ選びの決め手、1つ目は「持ち歩くかどうか」です。子どものアルバムを実家に帰省する時に親に見せてあげたい、趣味で作っている作品の写真を同じ趣味を持つ人に見せたいという場合にはアルバム…

スクラップブッキングして、アルバムをよりオシャレに。

アナログの写真、ただ、アルバムに貼っているという人も多いのではないでしょうか?より写真を楽しみたい、思い出を残したいと思うなら、スクラップブッキングにしてみるのがおすすめです。スクラップブッキング…

デジタルの写真を紙媒体に。フォトブックの作り方。

スマートフォンが普及したこともあって、気軽に解像度の高い美しい写真を撮ることができるようになりました。たくさんの写真を見ているのは楽しいですが、ずっと置いておくにはデータを圧迫してしまうこともあり…

デジタルな写真の残し方

写真をデジタルデータとして記録メディアに保存しておけば、紙媒体のように場所を取ることもありませんし、手軽に持ち運びをすることもできます。ここでは、デジタルデータとして写真を残したいという方への情報をお伝えしたいと思います。ご自分に合った写真の残し方を、ぜひ参考にしてみてください。

写真をデジタルデータとして残すために使用したい記録メディア

デジタルデータにした写真はどういった媒体に保存するのがいいのでしょうか。まず、入手しやすく安価な媒体としてDVD-Rが挙げられます。DVD-Rの保存領域は5ギガバイトに満たず、動画を保存する場合は…

オンラインアルバムで写真を残す方法

スマートフォンのカメラの性能が最近みるみるうちに良くなっていて、旅行に出かける時もスマートフォンで済ませることが多くなり、デジタルカメラはほとんど使わなくなったと思います。ただすごく手軽に撮影でき…

紙焼き写真をデータ化する方法

紙の写真を長く残すのは難しい

プリントアウトされた写真を長く残すのは案外難しいものです。場所を取るので邪魔扱いされて廃棄されてしまうかもしれませんし、災害に強くありません。水に浸かったらだめになってしまいますし、燃えてしまったら完全になくなってしまいます。できるだけ長く、そして確実に残したいのであればデジタル化するのが一番コストがかからず、簡単な方法といえるでしょう。 プリントアウトされた写真をデジタル化するためには、スキャナーを使うことになります。スキャナーにもいろいろな種類がありますが、すでにプリンターを所有している場合、それにスキャナー機能がついているかもしれません。その場合はわざわざ新規に購入する必要がないので楽でしょう。

利用するスキャナーのタイプに要注意

ただ、プリンターと一緒になっているようなスキャナーは「フラッドベッドスキャナー」と呼ばれ、大量の写真をデジタル化するにはあまり向いていません。というのは、蓋を上げて写真をセットし、画像編集ソフトを使ってスキャナーを動作させ、取り込んだ画像を名前をつけて保存するという作業をひたすら繰り返さないといけないからです。たくさんの写真を効率よくスキャンしたいのであれば、複数の写真をセットすると自動で読み込んで保存していってくれるタイプのスキャナーをおすすめします。 取り込んだ写真はいくつかの画像方式で保存が可能ですが、できるだけ高画質の状態をキープしたいのであれば可逆圧縮形式のタイプで保存するといいでしょう。